神戸の弁護士による刑事事件相談 JR神戸駅1分 弁護士法人 法律事務所瀬合パートナーズ(兵庫県弁護士会所属)

初回相談料0円 お気軽にご相談ください。 TEL:078-382-3531 電話受付:平日9:00~21:00(土日応相談)

法律事務所瀬合パートナーズ 刑事事件の経験豊富な弁護士が一刻も早い解決をサポートいたします。

当事務所の5つの強み

  • 年間750件以上の法律相談に対応
  • 即日対応スピーディーな解決
  • 初回相談料0円
  • 刑事事件の豊富な解決実績
  • 神戸駅1分のアクセス

このようなお悩みをお持ちの方は、弁護士にご相談ください。

釈放して欲しい 刑務所に行きたくない 警察の呼出を何とかして欲しい 執行猶予にして欲しい 被害者に謝りたい 家宅捜査がきたので何とかして欲しい 前科を付けたくない 示談をして欲しい 保釈して欲しい 不起訴にして欲しい 留置場で面会したい 逮捕されたが仕事を続けたい

刑事事件の無料相談。まずはお問い合わせください。TEL:078-382-3531 相談料0円 電話受付:平日9:00~21:00(土日応相談)

弁護士法人法律事務所瀬合パートナーズ(兵庫県弁護士会) JR神戸駅徒歩1分

メール受付

神戸で刑事事件でお悩みの方へ ~代表メッセージ~

代表弁護士 瀬合 孝一

責任を持って、質の高い仕事を提供して
いくことをお約束します。
私が大切にしているのは、ご依頼くださる
お客さまのために、仕事をすることです。

代表弁護士 瀬合 孝一

逮捕されてしまった場合には、一刻も早く警察に弁護士が面会に行って、現状を把握して対応策を検討すると共に、家族や職場との連絡をどのようにするかなどの対策を立てる必要があります。
もちろん、1日でも早く釈放されるために被害者と示談をしたり、警察に皆様が有利になるような事実関係を説明する必要があります。まだ逮捕されていない場合には、当然ですが逮捕を防ぐための弁護活動が重要となります。万が一にでも逮捕されてしまうと、長期間警察で身柄拘束されてしまう可能性も否定できません。
身柄拘束を防ぐためには、被害者と示談をしたり、家族がきちんと監督をすることがわかる書類などを準備して警察に事情を説明したりする必要があります。
いずれにしても、逮捕されているかどうかにかかわらず、弁護士のかかわりなしで皆様に有利な事情を警察に説明するのは簡単なことではないと思います。特に、被害者と示談をしたり被害弁償をしたりすることは、間に弁護士が入らないとほぼ困難です。

このようなお悩みはございませんか?

  • 釈放して欲しい 保釈して欲しい
  • 不起訴にして欲しい 前科を付けたくない
  • 執行猶予にして欲しい 刑務所に行きたくない
  • 示談をして欲しい 被害者に謝りたい
  • 留置所で面会したい 手紙を差し入れたい
  • 警察から呼び出された 家宅捜索がきた
  • 仕事を続けたい 逮捕中の会社対応
  • 無実を証明したい

当事務所で解決をした事例の一部をご紹介します。

痴漢の疑いをかけられ逮捕された依頼者を速やかに解放し、不起訴処分を獲得した事例

ご依頼者30代 男性 会社員

依頼前

  • 事案痴漢
  • 争点証拠の有無
  • 解決交渉
  • 結果不起訴

依頼前 ご依頼者

痴漢の疑いをかけられ逮捕された依頼者を速やかに解放し、不起訴処分を獲得した事例
依頼者が電車に乗って通勤する途中、痴漢の疑いをかけられ、否認をしたものの、逮捕されてしまった。

弁護士に依頼
依頼後

依頼後 ご依頼者

実際の車両の混雑状況等を確認し、偶然触れた可能性や、第三者による犯行の可能性が排斥できないことを書面にまとめ、検察官に提出し、最終的には不起訴処分を頂くことができました。


解決事例の一覧はこちら


刑事事件の無料相談。まずはお問い合わせください。TEL:078-382-3531 相談料0円 電話受付:平日9:00~21:00(土日応相談)

弁護士法人法律事務所瀬合パートナーズ(兵庫県弁護士会) JR神戸駅徒歩1分

メール受付

弁護士に依頼する7つのメリット

前科を付けさせない

前科を付けさせない

不起訴処分を目指した弁護活動

有罪判決や略式命令を受けた場合、いわゆる「前科」が付いてしまいます。「前科」が付いてしまうと、海外への渡航が制限されたり、就職の際に、履歴書の賞罰欄に記載が必要になったりと、社会復帰が非常に難しくなります。このような状況を防ぐため、弁護士は不起訴処分を目指し弁護活動を行います。

職場・会社への対応

職場・会社への対応

職場へ伝わるのを防ぎ、円滑な仕事復帰を目指す

刑事事件で逮捕された方の中で、職場・会社へ知られたくない、という方は非常に多いと思います。職場に伝わってしまうケースは、①警察から連絡がいく、②報道をされてしまう、③無断欠勤が続く、などの原因が考えられます。弁護士に相談をすることで、逮捕後の保釈を目指し、万が一勾留をされた場合でも、会社への状況説明を弁護士からするなど、依頼者の方が会社から不利益を被らないよう活動いたします。

示談をまとめる

示談をまとめる

被害者との交渉を弁護士が代理

刑事事件は全ての事件が起訴されるわけではなく、示談交渉によって解決するケースもあります。示談での解決は事実上無罪判決を勝ち取るのと同義であり、示談を成立させるには交渉力が重要となります。刑事事件の示談交渉は他の分野の交渉とは異なり、警察や検察への説明を考慮した交渉が必要になるので、刑事事件の経験豊富な弁護士に依頼をすることで、示談交渉でまとまる可能性が高まります。

釈放・保釈

釈放・保釈

釈放されるには、逮捕直後より72時間以内の行動が重要

逮捕されたご本人(被疑者)は最短3日(72時間)で釈放され、日常生活に戻ることができる可能性があります。しかし、一度逮捕されてしまうとその直後から検察官が起訴・不起訴の判断をするまで、留置期間・勾留期間を含めた最大23日間は身体拘束の可能性があります。弁護士は、勾留の必要がないことを検察官或いは裁判官に面接して、罪証を隠滅おそれや逃亡するおそれがないことを本人に代わって説得し、勾留期間をなるべく短くする弁護活動を行います。

警察への対応

警察への対応

警察からの呼び出しを受けた場合のアドバイス

警察からの呼び出しは、電話がかかってきたり、時には自宅まで警察が来ることもあります。また、警察署への出頭を求められる場合は、取調べが行われることになります。被疑者として取調べに応じる場合には、多くの場合、その内容を供述調書としてまとめられ、裁判の際に証拠として用いられます。この際、事前に弁護士と相談し、取調べで聞かれるであろう内容を整理しておくことで、その後の裁判等で不利になることを未然に防ぐことができます。

執行猶予を獲得する

執行猶予を獲得する

被害者との示談や裁判官への主張で執行猶予を獲得

執行猶予とは、裁判で判決を言い渡された被告人が、その刑の執行までに他の罪を犯さなければ刑を消滅させ、刑務所に行かなくてもよくなる、という制度です。執行猶予を獲得するには、被害者との交渉や、被告人に有利な証拠を集めて裁判官に対して主張をするなどを行います。執行猶予を獲得するには、早い段階から弁護士に相談し、被疑者に有利な証拠集めをする必要があります。

無実を証明する

無実を証明する

「冤罪」を防ぐため、無実を証明する

無実を証明するには、まず不起訴の獲得が第一になります。日本において起訴された後に有罪判決を下される確率は99.9%以上であるため、まず不起訴の獲得が重要となります。取調べに違法性がないか、被疑者に有利な証拠が残っていないかなど、あらゆる方法を用いて依頼者の無実を証明します。それでも起訴をされてしまい、裁判になった場合でも、有罪判決は100%でない以上、無罪判決を獲得することは不可能ではありません。自白の強制や証拠の精査など、無罪を獲得するために様々な弁護活動を行います。

刑事事件の無料相談。まずはお問い合わせください。TEL:078-382-3531 相談料0円 電話受付:平日9:00~21:00(土日応相談)

弁護士法人法律事務所瀬合パートナーズ(兵庫県弁護士会) JR神戸駅徒歩1分

メール受付

必ず解決策は見つかります!
タップして電話
メールでのお問い合わせはこちら

  • 釈放して欲しい
  • 前科を付けたない
  • 示談をして欲しい
  • 執行猶予にして欲しい
  • 被害者に謝りたい

刑事事件を起こし、あるいは刑事事件に巻き込まれ、逮捕・勾留されてしまうと、家族・恋人・友人・知人等との面会は大きく制限され、不安と孤独の中、一人で取調べに臨まなければなりません。
そのようなとき、弁護士は強い味方となります。迅速に正確な状況を把握して今後の見通しやポイントとなる事柄をご本人や周囲の方々に説明し、精神的な支えとなるとともに、早期の身柄解放に向けて示談交渉等の必要な弁護活動に直ちに着手します。

弁護士法人法律事務所 瀬合パートナーズの特長・強み

  • 年間750件以上の法律相談に対応

    当事務所では神戸市内のみならず、兵庫県内の多くの地域の皆様からの法律相談をお受けしております。年間750件以上の法律相談を受けている中で蓄積した経験、ノウハウを活かした事件処理を行っています。

    年間750件以上の法律相談に対応

  • 即日対応・スピーディーな解決

    刑事事件では、逮捕後から72時間以内の対応がその後の事件の解決に大きな影響を及ぼします。警察からの呼び出しを受けている、突然警察に逮捕されてしまった、裁判所から出頭命令が届いている、など緊急の対応を要する案件は多いかと思います。当事務所では、依頼者様の利益を最大限守るため、即日対応を行っております。

    即日対応・スピーディーな解決

  • 初回相談料0円

    当事務所では刑事事件のご相談を初回無料で実施しております。通常は相談料がかかってしまう弁護士との面談ですが、依頼者様の利益を第一に考え、初回相談は無料としております。どうぞお気軽にご相談ください。

    初回相談料0円

  • 刑事事件の豊富な解決実績

    刑事事件の解決には、知識、経験、ノウハウが他の分野と比較しても重要になります。警察、検察との対応、証拠集め、被害者との交渉など、必要なスキルは多岐に渡ります。当事務所は刑事事件の経験豊富な弁護士が在籍しており、様々な事件に対応することが可能です。

    刑事事件の豊富な解決実績

  • 神戸駅1分のアクセス

    当事務所は、依頼者様の利便性を考え、神戸駅から徒歩1分の場所に事務所を構えております。また、地下道の出口からすぐの場所に事務所がございますので、雨の日も濡れずに起こしいただけます。

    神戸駅1分のアクセス

刑事事件を弁護士に依頼する7つのメリット

前科を付けさせない

不起訴処分を目指した弁護活動

前科を付けさせない

有罪判決や略式命令を受けた場合、いわゆる「前科」が付いてしまいます。「前科」が付いてしまうと、海外への渡航が制限されたり、就職の際に、履歴書の賞罰欄に記載が必要になったりと、社会復帰が非常に難しくなります。このような状況を防ぐため、弁護士は不起訴処分を目指し弁護活動を行います。

職場・会社への対応

職場へ伝わるのを防ぎ、円滑な仕事復帰を目指す

職場・会社への対応

刑事事件で逮捕された方の中で、職場・会社へ知られたくない、という方は非常に多いと思います。職場に伝わってしまうケースは、①警察から連絡がいく、②報道をされてしまう、③無断欠勤が続く、などの原因が考えられます。弁護士に相談をすることで、逮捕後の保釈を目指し、万が一勾留をされた場合でも、会社への状況説明を弁護士からするなど、依頼者の方が会社から不利益を被らないよう活動いたします。

示談をまとめる

被害者との交渉を弁護士が代理

示談をまとめる

刑事事件は全ての事件が起訴されるわけではなく、示談交渉によって解決するケースもあります。示談での解決は事実上無罪判決を勝ち取るのと同義であり、示談を成立させるには交渉力が重要となります。刑事事件の示談交渉は他の分野の交渉とは異なり、警察や検察への説明を考慮した交渉が必要になるので、刑事事件の経験豊富な弁護士に依頼をすることで、示談交渉でまとまる可能性が高まります。

釈放・保釈

釈放されるには、逮捕直後より72時間以内の行動が重要

釈放・保釈

逮捕されたご本人(被疑者)は最短3日(72時間)で釈放され、日常生活に戻ることができる可能性があります。しかし、一度逮捕されてしまうとその直後から検察官が起訴・不起訴の判断をするまで、留置期間・勾留期間を含めた最大23日間は身体拘束の可能性があります。弁護士は、勾留の必要がないことを検察官或いは裁判官に面接して、罪証を隠滅おそれや逃亡するおそれがないことを本人に代わって説得し、勾留期間をなるべく短くする弁護活動を行います。

警察への対応

警察からの呼び出しを受けた場合のアドバイス

警察への対応

警察からの呼び出しは、電話がかかってきたり、時には自宅まで警察が来ることもあります。また、警察署への出頭を求められる場合は、取調べが行われることになります。被疑者として取調べに応じる場合には、多くの場合、その内容を供述調書としてまとめられ、裁判の際に証拠として用いられます。この際、事前に弁護士と相談し、取調べで聞かれるであろう内容を整理しておくことで、その後の裁判等で不利になることを未然に防ぐことができます。

執行猶予を獲得する

被害者との示談や裁判官への主張で執行猶予を獲得

執行猶予を獲得する

執行猶予とは、裁判で判決を言い渡された被告人が、その刑の執行までに他の罪を犯さなければ刑を消滅させ、刑務所に行かなくてもよくなる、という制度です。執行猶予を獲得するには、被害者との交渉や、被告人に有利な証拠を集めて裁判官に対して主張をするなどを行います。執行猶予を獲得するには、早い段階から弁護士に相談し、被疑者に有利な証拠集めをする必要があります。

無実を証明する

「冤罪」を防ぐため、無実を証明する

無実を証明する

無実を証明するには、まず不起訴の獲得が第一になります。日本において起訴された後に有罪判決を下される確率は99.9%以上であるため、まず不起訴の獲得が重要となります。取調べに違法性がないか、被疑者に有利な証拠が残っていないかなど、あらゆる方法を用いて依頼者の無実を証明します。それでも起訴をされてしまい、裁判になった場合でも、有罪判決は100%でない以上、無罪判決を獲得することは不可能ではありません。自白の強制や証拠の精査など、無罪を獲得するために様々な弁護活動を行います。

必ず解決策は見つかります!
タップして電話
メールでのお問い合わせはこちら

弁護士費用

初回相談料0円

ご相談メニュー

  • 家族や友人が逮捕された
  • 逮捕・勾留されたくない
  • 釈放・保釈して欲しい
  • 前科を付けたくない
  • 執行猶予を付けて欲しい
  • 無実を証明したい


map