人身事故・死亡事故

交通事故を起こし、相手が怪我をしてしまったり、死亡してしまった場合は自動車運転過失致死傷罪になります。人身事故は2007年5月までは業務過失致死傷罪で裁かれていましたが、自動車等による人身事故の罰則強化を求める声が高まり、2007年6月に自動車運転過失致死傷罪が新設され、罰則が厳しくなりました。死亡事故や重度の後遺障害が残る人身事故を起こしてしまった場合は初犯でも場合によっては執行猶予がつかずに、実刑になってしまう可能性もあります。

 

人身事故・死亡事故の罪

自動車運転過失致死傷罪は7年以下の懲役若しくは禁錮又は100万円以下の罰金となります。

 

飲酒運転等の場合は、危険運転致死傷罪となり、相手を怪我させたら、危険運転致傷罪で15年以下の懲役を、相手を死亡させてしまったら、危険運転致死罪で1年以上の有期懲役となります。

 

人身事故・死亡事故の弁護

重度の人身事故・死亡事故は、交通事故に対する近年の厳罰化の傾向を受け、起訴されて、正式裁判となる可能性が高いです。初めての裁判でいきなり実刑という可能性も十分にあります。

 

ただし、この犯罪が成立するのは、運転に過失(不注意)があるときです。ですので、過失がない場合は、事故当時の運転に過失がなかったことや、どれだけ注意していても、事故を避けることが出来なかったことを主張・立証できれば、不起訴処分を獲得することができる可能性があります。

 

また、過失があった場合は、被害者や遺族の方に誠意をもってお詫びをし、 被害者との宥恕付の示談ができたり、贖罪寄付をしたり、今後の指導監督をしてもらう親族の証人をたてたりする等して、執行猶予付きの判決の獲得を目指します。

 

任意保険に加入している場合、基本的に被害者との交渉は保険会社が行いますが、これが逆効果で余計に被害者や遺族の感情を逆なでしてしまうこともよくあります。

 

保険会社の人に任せているが、示談がなかなか出来ない、被害者への示談方法や、損害賠償の方法については詳しい弁護士に相談することをおすすめします。

刑事事件の無料相談。まずはお問い合わせください。TEL:078-382-3531 相談料0円 電話受付:平日9:00~21:00(土日応相談)

弁護士法人法律事務所瀬合パートナーズ(兵庫県弁護士会) JR神戸駅徒歩1分

メール受付