一部否認をしながら10日勾留後釈放された窃盗事案

プライバシー等の保護のため,事案の概要等は事案の趣旨を損なわない範囲で変更していることがあります

 

結果 10日勾留後に釈放

 

事案状況

家族が知人からお金を取ったとして突然逮捕された。被疑事実も同居親族には明かされず,どうしたらいいかわからない。」と親族が相談に訪れ,事件受任。

 

当事務所の対応

受任後速やかに警察署にて本人と接見し,被疑事実と本人の言い分を聴き取りました。基本的な事実関係は認めるものの,双方が主張する被害額に大きな隔たりがある一部否認事案であることがわかりました。

 

次に,勾留に関する意見書を作成し,担当検察官と面会しましたが、この時は残念ながら勾留を止めることはできませんでした。しかしその際、一部否認事案であることから、検察官が勾留延長も検討していることが明らかとなったため、一部否認を前提としながらも被害者との早期示談に注力し、勾留延長がされる前に示談を成立させ、身体拘束から解放することを目標とし、弁護活動を行い、その結果、依頼者が主張する窃取した金額で被害者と示談を成立させることができました。

 

そこで、検察官に弁護側資料として示談書及び依頼者作成の謝罪文・反省文を提出し,勾留延長をしないよう求めたところ、勾留延長がされることなく、釈放となりました。

JR神戸駅、姫路駅南口すぐ。まずはお問い合わせください。 神戸事務所 TEL:078-382-3531 姫路事務所 TEL:079-226-8515 相談料30分3,000円 電話受付:平日9:00~20:00(土日応相談)

メール受付