業務上横領罪での在宅捜査を受けたが、最終的に不処分になった事案

プライバシー等の保護のため,事案の概要等は事案の趣旨を損なわない範囲で変更していることがあります

 

依頼者 男性、会社員

結 果 不起訴

 

事案状況

元勤務会社の代表者から業務上横領の罪で告訴され,在宅で取調べを受けているとして相談に来られました。

当事務所の対応

依頼者は被疑事実を概ね認めていましたので,直ちに告訴人(被害者)と示談交渉を開始しました。しかしながら,相場の被害弁償案は受け入れられず,交渉は難航しました。告訴人が期待する金額は,客観的な被害額とは掛け離れており,言い値を支払うことに合理性はないと思われました。

 

そこで,示談は困難と判断し,依頼者からの聴き取りに基づいて可能な限り被害額を特定したうえ,弁済供託を行いました。送検後,示談経過等をまとめた意見書に供託書を添えて検察官へ提出したところ,不処分となりました。

JR神戸駅、姫路駅南口すぐ。まずはお問い合わせください。 神戸事務所 TEL:078-382-3531 姫路事務所 TEL:079-226-8515 相談料30分3,000円 電話受付:平日9:00~20:00(土日応相談)

メール受付